また同じ繰り返しをしてしまう

自分で立てた目標やここまで仕上げたいという事に、順調に近づいているにもかかわらず、あるときふと、全てをぶち壊したくなってしまうのは何故なんだろう。

ぶち壊したくなる衝動が自分でもわからない。抑えられないくらい、本能のように、駆り立ててくる。

楽しいのに、やりがいがあるのに、周りを巻き込んで、達成感も充実感にも溢れているのに。

 

 

 

支えって何だろう。助けって何だろう。チームって何だろう。


ぶっ壊して、後悔して、また積み直す。また私は繰り返す。

 

自分本位になって、周りを見たくない、ふさぎ込むような心境で、もういっそう自爆したい気持ち。先のことよりも今このなんとも言えない現状から逃げたい楽になりたい。

 

柔軟性のなくなる頭と、何度も繰り返される立て直しで弱くなっていくメンタルが、私の挑戦に歯止めをかけ始めるんじゃないかと27歳を目前に思う。

積み直すたびに目標が鮮明になっていくけど、目標からも少し離れてしまう。自分の世界観から抜け出せなくなってしまうのも感じる。

 

何かに挑戦し続けなければならないと、この先のことを思うたび、この先のことを考えられる事に喜びを感じながらも、押しつぶされたように息苦しい。

 

私は同じことを繰り返すのが好きだけど、変化がないのは嫌いみたいだ。何かを変える事が起こらないと、生きている意味を失ってしまうみたいなんだ。

 

今がいけないと思うなら、私は変えないといけない。変わらないと変わらない。また同じ終着駅に着くだろう。

 

私は何を変える。0:00前に問いかけてみる。